Q&A
よくある質問
Q&A

建て方作業は一般的な建築作業とどう違うのか

実は一般的な建築作業と建て方作業は、一軒家などの建物の基本構造を作っているという点では共通している部分があります。しかし、建て方作業は、建物の土台や骨組みの作成に重点が置かれます。基礎、部屋、屋根など主な構造が完成すると建て方作業は終了します。

  • 福利厚生に関して教えてください。

    社保、交通費、資格支援制度などあります。詳しくは求人一覧をご覧ください。

  • 現場の場所はどのあたりになりますでしょうか?

    さいたま市を中心に埼玉県内がメインとなります。

建て方工事とは、一軒家などの建物の基礎及び骨組みを中心に作る工事の事です。そのため、一般的な建築作業と共通する部分が多々あり、この作業を習得してしまえば幅広い案件をこなす事ができます。木造住宅の場合、基礎部分、柱組み、屋根の部分(棟木)の持ち上げまで行い、主な作業が完了となります。これを上棟と呼び、上棟式を行う場合もあります。さいたま市では、この上棟作成の案件依頼が多いです。基礎の部分がしっかりしていないと雨漏りするなど壊れやすい家になってしまうので、とても重要な作業です。